Muumimuseo
  • フィンランド語
  • 日本語
  • ロシア語
  • スウェーデン語

世界唯一のムーミン美術館のオープンが2017年6月17日で確定しました

タンペレ美術館ムーミン谷博物館として知られたミュージアムが、新しくなります。移転先はタンペレホール。これに伴い、名前も世界でひとつの「ムーミン美術館」に変更となります。トーベ・ヤンソンのムーミン本の世界を体感していただけるこの新しいムーミン美術館が、フィンランドではちょうど夏休み時期にあたる6月17日に扉を開きます。

「美術館のオープンについては、もとは別の日程で予定をしておりました。日程を変更せざるを得なくなった背景には、美術館空間や展示に妥協はできない、新しいタイプの体験型の展示をきちんとした形で提供することを念頭に、改めて工期を検討しての判断です。出来る限り最高の形でムーミンのファンたちに応えたい、初日からできる限り最高のものをと考えての結論です」(タンペレ市副市長アンナ=カイサ・ヘイナマキ談)

ムーミン美術館はムーミンの物語の世界を、まったく新しい体験型の形でご覧いただけます。中心になるのはこれからもタンペレ美術館ムーミン谷博物館のコレクション、ムーミンを題材としたトーベ・ヤンソンの原画とトゥーリッキ・ピエティラによる立体模型です。ムーミン美術館の最初の展示では、約300の原画と30点の立体模型を予定しています。

美術館の移転は文化・コングレスセンター、タンペレホール(タンペレホール株式会社)の大規模リニューアル計画の一環で行われることになりました。ホールではすでに新しいイベントホールや会議スペース、タンペレホール・ショップというショップがオープンしています。レストランとカフェについては、美術館のオープンまでに完成の予定です。

11月のはじめ、タンペレホール内ウィンターガーデンでムーミン美術館ができるまでの様子を伝えるメイキング・オブ・ムーミン美術館展が始まり、ロビーにはムーミン美術館ライブラリーがオープンしました。ライブラリーには20以上の言語のムーミン本、トーベ・ヤンソン関連本があります。これらの本は何年もの時間をかけて集められた貴重なものですが、新刊など、これからも蔵書は増えていく予定です。展示もライブラリーも、タンペレホールの営業時間内にご利用いただけます。タンペレホール・ショップの品揃えは、ムーミングッズやムーミン本にはじまり、タンペレにまつわる商品など。またホールからポストカードを送り方には、ムーミン切手も用意しています。さらにホールで投函したポストカードには、ムーミン美術館オリジナルの消印がつきます。ショップの営業時間は平日の9~18時と、ホール内でイベントが行われている時間内です。