Muumimuseo
  • 英語
  • フィンランド語
  • 日本語
  • ロシア語
  • スウェーデン語

世界でひとつのムーミン美術館は

フィンランド、タンペレ市にあります!

情報
開館時間 火・水9-17時 木・金9-19時 土・日10-17時 月休館 / 大人13 € 子供 6 € / Tampere Hall, Yliopistonkatu 55, Tampere, Finland

ニュース

COVIDパスポート提示について 

2021年11月17日(水)より、タンペレホール内で開催されるイベントやコンサートへのご来場、ムーミン美術館へのご来館、およびレストラン・トフトご利用の際に、 16歳以上のすべての方に対しCOVIDパスポートの提示が求められることになりました。但し、タンペレホール・ショップやチケットカウンターのみをご利用の場合は、COVIDパスポート提示は必要ありません。 

ムーミン美術館ご来館にあたり、事前予約の必要はありませんが、館内の混雑状況によりご入館をお待ちいただく場合もある旨ご理解の程よろしくお願い申し上げます。また、館内ではフェイスマスクのご利用も推奨されています 

ノンストップ・ワークショップは、美術館開館日の12-16時(貸切のためクローズされている場合を除き)に、無料の英語ガイドツアーは、土・日曜日13時に開催しています。ガイドツアーは先着20名までご参加いただけます。ご入館時に最寄りの美術館スタッフまでお申し出ください。 

安心してご来館いただけますよう万全を期して、皆さまのお越しをお待ちしています。 

右の画像は、現在開催中の企画展「毎日が楽しい:カミラ・ミクヴィッツ」より © Camilla Mickwitz

Mimosa Camilla Mickwitz

展示

『それからどうなるの?』

ムーミンたちのご先祖様はどこに暮らしているの?ムーミンパパの大変だった若い頃のことって?雷の時にニョロニョロは何をしているの? これらの、そのほかのたくさんの秘密が『それからどうなるの?』展で明らかになります。ムーミン美術館の最初の常設展では、ムーミンの物語を…洪水や水上劇場、灯台の島の謎、十一月のムーミン一家の失踪ミステリーなどを解説しています。

Pikku Kakkonen, Camilla Mickwitz

オブザバトリー

ムーミン美術館の企画展スペース、オブザバトリーでは、企画展「毎日が楽しい:カミラ・ミクヴィッツ」 を開催中です。開催期間2021年10月16日から2022年4月24日まで。

日本で開催されたムーミン巡回展は45万人を超える来館者をお迎えしました。

フィンランドの作家、画家トーベ・ヤンソン(1914–2001)の展覧会の中でも最大規模「ムーミン展 The Art and the Story」が、2年にわたる巡回期間を終え、静岡会場を最後に2021年3月14日閉幕しました。この巡回展は日本とフィンランドの外交関係樹立100周年記念として2019年に開幕しました。展示された作品の多くはムーミン美術館コレクションから、他にもムーミンキャラクターズ社、私的機関、アーカイブ、ミュージアムからも所蔵作品が出展されました。

詳細はこちらから。

タンペレホール・ショップ

タンペレホール・ショップはムーミングッズやフィンランドデザイン、手作りの一点ものなど厳選した良いものをお届けするショップです。ムーミン美術館だけでなく、タンペレホールを訪れるすべての方へと考えた品揃え。ワクワクするようなムーミングッズ、デザイン、音楽、トーベ・ヤンソンが手がけたムーミン本、タンペレに関する商品、フィンランドの定番ブランドの商品などをご用意しています。ムーミンポストカードを投函してみてはいかがでしょうか。ショップでの切手取り扱いの他、ここで投函するとムーミン美術館だけの消印がつきます。

「さあ、あしたもまた長い、いい日でしょうよ。しかも、はじめからおわりまでおまえのものなのよ。とても楽しいことじゃない!」 と、ムーミンママはいいました。

『ムーミンパパ海へいく』より

ライブラリー

トーベ・ヤンソンが執筆し挿絵を描いたムーミン本は、子供だけでなく大人も虜にしてしまいます。ライブラリーの棚の隙間、穴のようなところで、じっくりとトーベの 描く見事な世界に浸ってみてはいかがでしょうか。棚には何年もかけて集めた貴重な本が並んでいますし、引き続きコレクションを増やしていく予定です。ライブラリーはタンペレホールを訪れる人がつい足を止めてしまうような、メインロビーにあります。ここはタンペレホールが開いている時であれば、いつでもお立ち寄りいただけます。