Muumimuseo
  • 英語
  • フィンランド語
  • 日本語
  • ロシア語
  • スウェーデン語

ワークショップアトリエ

ムーミン美術館のアトリエは自分の芸術性を発揮する場所です。アトリエは作業空間、年間を通して自発的またはインストラクター付きの様々な作業や遊びを、来館者対象で開催しています。秋や春の遠足の時期などは、予約により貸切となる場合もありますが、ドアが開いていたら自由に入って、中を覗いてみてください。ワークショップの内容はペン画、ガッシュ絵の具画やクラフトワーク、コミュニティプロジェクトなどで、定期的に変わります。

 

〈2020年3月17日更新〉

[重要]ムーミン美術館は、他の美術館と同様にフィンランド政府の決定に基づき、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2020年3月17日(火)より 2020年4月13日(月)までクローズしております。

〈2020年3月14日更新〉
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環として、ワークショップアトリエは現在クローズしています。

 

(現在クローズ中)
マメルクと海の生きものたち-立体造形ワークショップ

2020年は1作目のムーミン本が出版されてから75年目となる記念の年。それを記念し、年間を通してバルト海保護の意識高揚キャンペーンが開催されます。現在開催中の企画展『ムーミンと海』もその一環です。その企画展にちなみ、ワークショップアトリエでは、海のいきものたちをテーマにした「立体造形ワークショップ」を開催中です。ムーミンのお話には海がテーマになっているものが多いのですが、トーベ・ヤンソンがモデルとしたのがバルト海。そのバルト海汚染が現在問題になっています。私たち一人ひとりも自然保護の観点から行動すべきと考えます。ムーミンたちの海はのどかですが、時には嵐に襲われることも。その海にはヤツメウナギ、海うま、タコ、人魚、ウミヘビなど様々な生き物が住んでいます。

 

ワークショップで、実際の海の生物や想像上の生き物などを作ってみませんか。まず金網を使って骨組みである芯を作り、そこに紙などを貼り付けて形を造形し、自分だけの海の生き物を作ってみましょう。

 

通常ワークショップは美術館開館日12~16時に開催しています。(貸切時を除く)

また、グループでご来館の場合、インストラクター付きのワークショップをご予約することができます(有料)。ご予約の際は、Tampere HallのSales teamにお問い合わせください。

メール:sales@tampere-talo.fi

電話番号:+358 3 243 4111